狭小住宅は不便で売りにくい

狭小住宅とは大体50平米から40平米以下の土地に建設された家のことを指します。
かなり建蔽率が高くなり、閉塞感があるのが特徴です。

土地の価格が高く、住宅が密集せざるを得ない都心部に多く、
広さがない反面、電車などのアクセスのいい場所であるケースもあります。
通勤の利便性を優先に考える方などには、ある程度のニーズが期待できる物件であるともいえます。

狭小住宅の特徴

・40㎡~50㎡の土地に建てられた住宅 ※明確な定義はありません。
・土地面積、建物面積の制限で住宅ローンを利用できないケースもある

ただ、当然ながら狭小住宅は家の中も狭くなりがちですので、
暮らしにくく不便になることもあります。
このような不動産を売る場合にはどうすればいいのでしょうか。

狭小住宅を購入する場合には大手の都市銀行からのローンが受けられないことから、
購入しにくくなることもあります。
そのこともあり、売却をしようとしても安い額で買い取られたり
そもそも買取りを受け付けてくれないこともあるのです。

狭小住宅専門の不動産業者

しかし狭小住宅に特化した不動産屋もありますのでそこを見つけて売却してください。
もちろん土地の価値は安くなりますのであまりいい額で売れることは期待してはいけません。

不便な不動産ではあるものの実は需要はある程度あるのです。
アパートを建設するのに適していたり店舗をするのに好都合な場合もあるからです。

また狭小であっても、デザイン性の高い住宅などの場合でしたら、高い額で売却できる場合もあります。

条件次第で価格も変るのでまずは査定を

より高い価格で売りたいと思っているのでしたら、まずは査定をしてもうらうのがベストです。

直接買い取ってくれる不動産屋の場合でしたら
一円でも高く売ってくれるところを探すようにしてください。
色々な不動産屋がありますので無料相談や出張査定などを利用するのがいいでしょう。

不動産売却 Contents