売却物件の特性に合った不動産会社

トップページでオンライン一括査定について触れましたが、
こういったサービスを行っている業者は、ほとんどが大手業者である場合が多いです。
複数社の査定を一括で行える利便性では、非常に有効ではありますが、
不動産売却にあたって、こういった査定方法だけがすべてではありません。

個人経営の小さな不動産業者と大手業者とを比較してみると、
売却する場合にいいのはどちらのほうなのでしょうか。

大手業者と小さな業者

大手業者の場合

まず大手のメリットは手数料が安いことにあります。
手数料は法律で上限が決められているのですが、
場合によっては法律の上限の半額以下しかとらない場合もあります。

また、大企業とあり自分の不動産を売却をしてくれる力をもっています。
不動産情報サイトを持っているのですが、それがかなり巨大なサイトになりますので
多くの人の目に触れる機会を作ることができて、不動産を探しているという方が注目してくれますし、
不動産を早く売りやすいというメリットもあります。

小さな業者の場合

では、個人経営の小さな不動産会社が良くないのかといえばそうではありません。
地元の不動産会社の強みは地元に関する情報をよく把握している点にあります。

そしてその地域にいいビジネスを展開しているのです。
ですので自分の売りたい不動産がどのような層に人気があるのかを
良く分かっていますので高い価格で売れる可能性があります。

  メリット デメリット
大手業者 ・多くの人にアピールできる
・早く売れる可能性が高い
・手数料が安い
・地域の細かな情報を把握していない
・高く売れない可能性がある
小さな業者 ・地域のニーズなどの情報を把握している
・相場より高く売れる可能性がある
・価格交渉しやすい
・多くの人にアピールしにくい
・売却に時間がかかる可能性がある

また、不動産屋のスタッフと仲良くなりやすいというメリットもあるのです。
不動産屋と仲良くなりますと直接不動産を買い取ってもらうにしても
交渉により少しでも高くしてもらえる可能性もあります。

大手の場合は交渉によって値上げしてもらいにくいのです。
たった一人だけの一存で価格を決められないからになります。

売却物件に合わせた業者選び

どちらもいいところと、そうでないところがあり、一長一短といえます。
一等地の確実に価格が高くつくような不動産なら大企業で、そうでない土地なら小さな業者でなど、
売却物件によって業者を選んで売るようにするのが、
不動産物件を売却する賢い選択肢だといえます。

不動産売却 Contents